リフォームの流れ


「今の住まいをリフォームするぞ!」と決めてから、実際にリフォームを終えるまでには、様々な手続きが必要です。
意思決定から完了までの手順を理解しておき、それぞれの段階で注意すべき点を事前に整理しておきましょう。

  1. リフォームする場所を決める
  2. リフォーム会社を決める
  3. 事前相談で、リフォームしたい場所とリフォーム内容の希望・予算を伝える
  4. リフォームする建物の現地調査と現況調査を依頼する
  5. リフォームのプランと見積り書を作成し、契約する
  6. リフォーム開始
  7. リフォーム完了・費用支払い
リフォームはまず家族で相談!

「リフォームする場所を決める」ことは、
その後の流れを決める
「はじめの一歩」でもあります。

「どこをどうリフォームしたいか」「どれくらいの予算をかけるのか」等、
事前に家族と相談をしてしっかり決めておきましょう。


ご主人と奥さまでご要望や予算感が違っていることもよくあります。

ご要望の優先順位もしっかり家族で話し合っておくことをおすすめします。

リフォーム会社を決める

リフォーム成功のためには、情報収集は欠かせません。
収集するべき情報は、次の2つです。

  1. リフォームや商材に関する基礎知識
    (リフォーム対象箇所の工事内容や工事費用の相場など)
  2. リフォーム会社について
    (事業者団体への登録・業者の得意分野・ 営業担当者の対応と知識量(建材などリフォームに関する知識が豊富か、礼儀正しいか、質問に対して面倒がらず適切に回答してくれるかなど)・過去の実績・ 事務所の所在地(近くにあれば、何かあったときにすぐ相談できるため)
リフォーム開始~メンテナンスまで

リフォーム内容を決め、リフォーム会社も決めたら、いよいよリフォーム開始です。
リフォームが完了するまでの日数は、内容・規模・リフォーム条件により変わりますが、おおよそ以下が目安となります。
【例:古いキッチンを解体し、新しいキッチンを取り付けるリフォームの場合】

  1. 解体・撤去:約1日
  2. 下地補修と配管(給水、上下水など):約3~5日間
  3. 内装工事(壁、天井):約6~12日間
  4. 機器・器具取り付け:約1~2日間
  5. チェックと調整:約1~2日間
      計:約12~22日間

リフォーム完了後は、引き渡し前に竣工検査(完成検査)を行うのが一般的です。
希望通りに不具合なく仕上がっているかを、施主立ち会いのもとで確認し、完了確認書(工事完了書、工事引渡書)に捺印します。
このときにリフォーム後のアフターサービスとメンテナンスの期間についても確認しておき、メンテナンス体制まで納得のいく内容であったら、リフォーム完了です。

多くの皆様に『真のやすらぎ空間を提供する』ことが我が社の使命であると考えております。

常に未来を見つめ新しい技術を追及することにより、第二次産業から第三次産業的体制を確立し、お客様のあらゆる要求にお応えできるように努めております。